SEO対策とは

WEBサイトを開設したら、より多くの人に情報を届けるために必要な事に検索エンジン対策(SEO)をする事が大切です。
ユーザーが何らかのキーワードで検索をした際に、そのキーワードに応じた検索結果を蓄積されたデータから抽出し該当するWEBサイト一覧を提供するのがGoogle、Yahoo!、Bingといった検索エンジンです。
こういった検索エンジンは、クローラーと呼ばれる、WEBサイトを次々とわたり歩いて、WEBサイトの情報を収集し、インデックスを作成し検索をしにきたユーザーにより相応しい結果を提供します。WEBサイトの管理者は、クローラーにより正しい情報を提供して、より上位への検索結果を得ることで、WEBサイトへ訪れるユーザーを増やし、ユーザーへの満足と収益を増やすことができます。
こういったように、WEBサイトがより相応しいキーワードで、上位に検索結果として表示されるよう最適化する作業が、検索エンジン対策、SEO(Search Engine Optimization)と呼ばれるものです。

どういった手法があるのか

手法としては、WEBサイト内部の最適化を行う「内部対策」。外部サイトからのリンク(被リンク)を増やす「外部対策」と二通りあります。
内部対策は、コンテンツの内容を見直したり、htmlを見直したりします。外部対策は、検索エンジンから評価の高いサイトや、同じ属性を持つサイトから、リンクをする方法です。

内部対策とは

検索エンジンは、より精密で正しく、ユーザーに有益な検索結果を提供するため、つねにアップデートをしています。以前のように特定のキーワードを詰め込んだり、強調したりという手法は通用しません。基本は、より正しく有益な情報を、いかに多くユーザーに届けることができるかという事で、検索エンジン向けのWEBサイトを作らないということです。充実したコンテンツこそが、本来の検索エンジン対策ということになります。

WEBサイトは、htmlという言語で記述されているのは、ご存じかと思いますが、検索エンジンのクローラーは、このhtmlから、どのようなコンテンツなのか、情報を収集します。htmlの記述が、正しく最適化されている必要があります。
本であれば、表紙があり、背表紙があり、目次、大見出し、小見出し、本文・・といった構成になっていますが、WEBサイトのhtmlの構造もこれに似ています。ページタイトル、見出し、ナビゲーション、リスト(一覧)、本文、付加情報・・というように、マークアップをすることでWEBサイトに掲載したコンテンツが、正しく検索エンジンに、伝えることができます。

外部対策とは

外部対策は、SEOでは欠かせません。WEBサイトへのリンク(被リンク)を増やすという方法です。
ただし大量のWEBサイトから、リンクをされていれば良いというわけではなく、粗悪なWEBサイトから大量にリンクが付けられていれば、不正な対策を行っているとして、検索エンジンからペナルティをうけてしまう場合もあります。
Googleでは、WEBサイトごとにランク付けをしており、被リンクというのは投票と似ています。ランクの高いサイトからリンクをされていれば、自分のWEBサイトのランクもアップしますし、ランクの低いサイトからリンクをされても効果は無いということになります。

ランクだけでなく、どういったサイトからリンクをされているのかも、重視する必要があります。できるだけ同じ属性を持っているサイトからリンクをしてもらいましょう。
とは言っても、他のサイトからリンクをしてもらうというのは、なかなか難しいものです。

そこでお勧めなのがクロスレコメンドというサービスです。ジャンルによりますが、審査料として費用を支払い、審査を通過できればエキサイト・goo・Biglobe・nifty・OCNといったカテゴリー検索サイトに登録されます。リンク数は少ないですが、ある程度評価の高いとされるサイトからリンクされるので、良い結果が出る確率は非常に高いです。

あくまでも支払うのは、審査料で、登録料ではありません。審査に通らなければ、お金を無駄にすることになるので、自信 がなければ業者に相談してみてください。

SEO対策を業者に依頼する場合

検索エンジン対策を専門的に行う業者は、多々おります。検索エンジンの結果は誰も保証することができません。ちょっとした小細工で、検索の順位が上がっても、検索エンジンのアップデートによって、次の日は検索すらされなくなってしまうかもしれません。
また、成功報酬型の業者は、順位が上がるとお金を請求してきますが、ペナルティを受けた場合は何の保証もしてくれません。
一旦ペナルティを受けると、復活するには、かなりの時間がかかります。その間に、WEBサイトから得られる収益も、想像以上の早さで減少します。
この業者でいい結果がでなかったので、違う業者に依頼したら、すでに時遅しという場合もあります。
業者選びは、しっかりと実績があり、どういった対策をするか説明のできる業者に任せることが大切です。

Googleのウェブマスター向けガイドラインというページがあり、非常に分かりやすく書かれています。